2022年7月30日こども海ごみ探偵団:友ヶ島調査

調査概要

2022年7月30日(土)午前6時30分~午後5時30分
当日参加者:親子18組39名
スタッフ:16名(川と海つながり共創プロジェクト)
調査場所:加太海水浴場(和歌山県和歌山市加太)
※友ヶ島汽船欠航により、友ヶ島から加太海水浴場に変更

日程

6時30分  参加者集合・出発
9時10分  調査場所到着(9時20分~環境学習)
10時30分  調査場所出発
10時40分  深山砲台跡駐車場到着
11時15分  休憩地点到着(休憩~12時00分)
12時30分  深山砲台跡駐車場出発
13時15分  和歌山城到着(自由時間~15時00分)
15時00分  和歌山城出発
17時30分  亀岡市役所到着・解散

瀬戸内海の無人島「友ヶ島」に漂着するごみについて、現地での清掃・調査を予定していましたが、残念ながら当日の朝に、フェリーの欠航が決定したことから、調査場所を加太海水浴場に変更しました。

加太海水浴場の砂浜

事前学習として、原田禎夫さん(大阪商業大学准教授・川と海つながり共創プロジェクト事務局長)から、海ごみの多くは内陸の川から流れてきたものであること、プラスチックごみは劣化して小さなマイクロプラスチックとなり、人間の体にも取り込まれることなどの解説をいただきました。

大阪公立大学准教授 千葉先生と大阪商業大学准教授 原田先生による説明

加太海水浴場では、友ヶ島でごみ調査を行う千葉知世さん(大阪公立大学准教授)から和歌山の海岸の漂着物ついて解説いただき、その後、砂浜の漂着ごみの現状を観察しました。

マイクロプラスチックの調査

水をはったバケツに砂を入れ、浮かび上がってくるマイクロプラスチックを調査しました。一見きれいに見える砂にもたくさんのプラスチックが含まれていることがわかり、参加者は興味深く観察していました。

その後、深山砲台跡や和歌山城を訪れ、豊かな自然と歴史文化にも親しむことができました。

加太海水浴場を背景に記念撮影

Photo Gallery:加太海水浴場

Photo Gallery:深山砲台跡

戦争遺跡 深山砲台跡は、友ヶ島地区、淡路島の由良地区の砲台とともに明治時代に築かれた由良要塞の一部で、大阪湾を防衛する役割を担っていた施設です。現在は、歴史と自然を感じることができるハイキングコースになっています。

大砲は使われることなく撤去されていますが、その跡と地下に作られたレンガ造りの弾薬庫を見学することが出来ます。また海や島を見渡せる展望台もあります。

Photo Gallery:和歌山城

和歌山城は、1585年(天正13年)に豊臣秀吉が弟の豊臣秀長に築城させたのが始まりです。その築城を担当したのが、築城三名人の一人、藤堂高虎でした。秀長の城代として桑山重晴が入城、1600年(慶長5年)には、関ヶ原の戦いで功をたてた浅野幸長が入城します。

豊臣秀長から浅野幸長の時代に作られた石垣には、紀州特産の緑泥片岩が多く使われており、一つ一つに様々な刻印が入っています。当時の石工集団が命がけで取り出した石を運搬中に盗まれないよう、はんこ替わりに印を付けたのではないかと言われています。

そして、1619年(元和5年)には徳川家康の第10男・徳川頼宣が入城し、戦国時代で廃れた、文化財の保護と大々的な都市計画を実行し、和歌山城は紀州55万5千石の城となりました。以来、水戸・尾張と並び、徳川御三家のひとつとして、日本100名城にも選ばれています。

1945年(昭和20年)和歌山大空襲で本丸の天守、櫓群が焼け落ちてしまいます。戦後和歌山城復興のため、基金積立が開始され市民の熱意と寄付によって1956年(昭和31年)に鉄筋コンクリート製の天守閣が再建されました。また、2006年(平成18年)に二の丸と西の丸を繋ぐ御橋廊下が再建されました。

天守閣からは、和歌山市内が一望出来ます。

天守閣からの景色

copyright:川と海つながり共創プロジェクト

2022年3月:保津川の日 開催報告

チラシ表面
チラシ裏面
2012(平成24)年8月に内陸地域で初の「第10回海ごみサミット2012亀岡保津川会議」が開催され、プラスチックごみの発生抑制について議論され、「亀岡保津川宣言」および「川のごみや海のごみをともに考える京都流域宣言」が採択されました。

これらの宣言を具現化する組織として、2013年に発足した「川と海つながり共創プロジェクト」では、翌年、2014年から毎年3月第1日曜日を「保津川の日」と定め、保津川を中心とした河川環境の保全と内陸部から発信する漂着ごみ発生抑制に向けて、その機運をさらに高め今後も継続するために、各関係者・団体を巻き込んだ一大清掃イベント、市民参加型イベントを開催しています。

新型コロナウイルス感染症の影響により、3年ぶりの開催となりましたが、前回と同様に、野鳥観察会等下記の事業も同時開催し、より多くの参加者・来場者に漂着ごみ削減をはじめ、地域の環境美化に対する意識啓発を行いました。

ご参加ありがとうございました!

保津川の日概要

日時 令和4年3月6日(日)8:00~13:00
会場 保津川河川敷「保津川かわまちづくりエリア」一帯
主催 川と海つながり共創プロジェクト
協力 保津川遊船企業組合ラフティング事業部
   株式会社ビックスマイル
   株式会社アオキカヌーワークス
   日本の凧の会 大阪支部
   日本野鳥の会   
   ソフトバンク株式会社
   BRITA Japan株式会社   
   ウォータースタンド株式会社
   株式会社カネカ
   株式会社DESIGN WORKS ANCIENT
   日本紙業有限会社
   タイガー魔法瓶株式会社
   株式会社カインズ

スケジュール

7:00 スタッフ順次集合
8:00 保津川エコラフティング受付開始
8:30 その他受付開始
9:00 開会セレモニー(委員長あいさつ、来賓紹介、記念撮影)
9:30 各事業開始

保津川クリーン大作戦(~11:00)
保津川エコラフティング(~11:30)
保津川凧あげ大会(~12:00)
保津川野鳥観察会(~12:00)
保津川エコ屋台(12:00~13:00)
※天候不良により終了時刻切り上げ

14:30 スタッフ解散全事業終了・撤収

来場者数

保津川クリーン大作戦    199名
保津川エコラフティング    25名
保津川凧あげ大会       18名 ※クリーン大作戦と重複
保津川野鳥観察会       30名 ※クリーン大作戦と重複
保津川エコ屋台      (自由参加)
スタッフ           95名

総計319名

3年ぶりの開催となりましたが、保津橋下のグラウンドを主会場に、大きな混乱もなく開催することができました。

当日は、可燃ごみ90袋(30ℓ/袋)、不燃ごみ44袋(20ℓ/袋)、粗大ごみ軽トラ2台分を回収することができました。

今後も、ホームページ及び各関係団体とともに「保津川の日」の取組の周知を図り、参加者をはじめ、関係者の河川愛護及び漂着ごみ発生抑制への意識向上を図って参ります。

2022保津川の日:開会セレモニー

2012(平成24)年8月に内陸地域で初の「第10回海ごみサミット2012亀岡保津川会議」が開催され、プラスチックごみの発生抑制について議論され、「亀岡保津川宣言」および「川のごみや海のごみをともに考える京都流域宣言」が採択されました。

これらの宣言を具現化する組織として、2013年に発足した「川と海つながり共創プロジェクト」では、翌年、2014年から毎年3月第1日曜日を「保津川の日」と定め、保津川を中心とした河川環境の保全と内陸部から発信する漂着ごみ発生抑制に向けて、その機運をさらに高め今後も継続するために、各関係者・団体を巻き込んだ一大清掃イベント、市民参加型イベントを開催しています。

新型コロナウイルス感染症の影響により、3年ぶりの開催となりましたが、前回と同様に、野鳥観察会等下記の事業も同時開催し、より多くの参加者・来場者に漂着ごみ削減をはじめ、地域の環境美化に対する意識啓発を行いました。
特定非営利活動法人 プロジェクト保津川:原田禎夫 代表理事
川と海つながり共創プロジェクト:長尾繁 会長
亀岡市:桂川孝裕 市長
開会セレモニーの様子
かめまるも参加したよ!
みんなで記念撮影!

2022保津川の日:保津川凧あげ大会

参加者は、まず保津川クリーン大作戦へ参加し、河川敷や川岸に漂着するごみの清掃を行いました。

その後、日本の凧の会大阪支部の会員による指導を受けながら、プラスチック材料や電気等のエネルギーを使わないエコな遊び、冬の代表的な遊びである「凧あげ」を体験しました。

保津川クリーン大作戦での清掃活動を通じて漂着ごみに占めるプラスチックごみの現状を学び、エコな遊びを体験することで、参加者に、川ごみの削減をはじめ環境保全への意識啓発を行いました。
電線のない河川敷は凧あげに最適な場所
真っ白な凧に
想いをしたためます
高く上がった凧
人気のあのキャラクターも風に乗る。

ご参加ありがとうございました!

2022保津川の日:保津川野鳥観察会

参加者は、まず保津川クリーン大作戦へ参加し、保津川かわまちづくりエリア内の河川敷を中心に清掃活動を行いました。

その後、日本野鳥の会京都支部の協力の下、バードウォッチングを行い、日常見かける身近な野鳥の名前や生態について詳しく知ることで、保津川の豊かな自然を実感すること出来ました。

保津川に暮らす生物を学び、川ごみが生態系に与える影響や生態環境保全の大切さを考えるきっかけとすることで、参加者に、川ごみの削減をはじめ環境保全への意識啓発を行いました。
野鳥観察会への参加はこちらでーす。
ほら!あそこに野鳥がいますよ!
ウグイス
カメラや双眼鏡を手に野鳥を探します
ひばり
あの鳥の名前は何でしょう?
ベニマシコ
渡り鳥が餌を取ったり、休んだりする水辺は観察しやすいスポット。
キジ
自然に恵まれた亀岡は野鳥観察に最適です
亀岡駅から山本浜までは保津川鳥獣保護区になっています。

野鳥のお写真は京都先端科学大学 大西 信弘教授より提供頂きました。
どうもありがとうございます。

2022保津川の日:保津川エコ屋台

保津川エコ屋台では、亀岡市が行った「かめおかプラスチックごみゼロ宣言」の趣旨に賛同した出店者の協力のもと、亀岡そして日本の美しい自然を守り持続可能な社会を創出するため、会場飲食用にはリユース食器、カトラリーや持ち帰り用の容器には自然素材のものを使用するなど、ごみを出さない、環境に配慮したイベントとして開催しました。

屋台やキッチンカーから飲食物がリユース食器で提供されることを通じて、利用者に、川ごみの削減をはじめ環境保全への意識啓発を行いました。

他のイベントでもリユース食器の活用が定着してきており、徐々にごみの削減に効果を出していることから、今後も他の事業で積極的に活用されるよう亀岡市が実施される補助制度に関する情報提供等の積極的な協力に努めていきます。

展示・ワークショップ

保津川の日エコ屋台はエコな工夫が盛りだくさん
TIGER魔法瓶さんのブースではアイデア満載のマイボトルの展示
回収ボックスに集まったステンレスボトルは資源としてリサイクル
亀岡市×POKETLは株式会社DESIGN WORKS ANCIENTさん
輪投げで消毒液とPOKETLEゲット!
エコゲートでおなじみの日本紙業さんのリサイクルを学べる展示
会場で出たごみは直接回収車に入れます
リユース食器はデポジット制でレンタル。実質無料です
マイボトル派にうれしい給水スタンドはウォータースタンド株式会社さん
参加記念品はBRITAさん提供
ボトル型携帯用浄水器 fill&go

キッチンカー&飲食店

焼きたてデニッシュバー ねこのしっぽさん
絶品ホルモンうどんはホルモン亀山さん
カヌレが人気 134珈琲さん
人気のヤンニョムチキン キッチンカーKisaiさん
お米屋さんのおにぎり おにぎり利次郎さん
肉料理専門店 Dining湊屋さん

2022保津川の日:保津川クリーン大作戦

保津川クリーン大作戦では、スタッフの誘導で保津小橋周辺を中心に清掃活動を開始し、その後、保津川かわまちづくりエリア全体に拡散して非常に広範囲で清掃活動を実施することができました。

当区域は、豪雨や暴風に伴う増水時に、ペットボトルやビニール等のプラスチックごみをはじめ様々なごみが散乱する他、芦原や木枝にレジ袋等が引っ掛かる場所ですが、保津川遊船企業組合等の各種団体の尽力により継続的な清掃がなされています。スタッフからその説明を受けた参加者からは、日頃の関係者の努力に対して関心・理解を深める好機となりました。

なお、同時開催を予定していた桂川流域クリーンネットワーク主催の「第15回桂川流域クリーン大作戦」については、国土交通省の要請により中止されました。
スタッフの誘導で移動します
一見キレイに見えても見えないところにごみは隠れています。
川岸にはバーベキューごみの他、上流から流れ出た漂着ごみが見つかります。
木に引っかかったごみや
枯草をかき分けて隠れたごみを探し回収します。
大型ごみも発見!
地元の皆さんも協力くださいました
保津川下りの船頭さんも大活躍
カネカ×亀岡市で作られた回収袋に
回収したごみをまとめます。
きちんと分別します。

2022保津川の日:エコラフティング

保津橋から山本浜までの約4kmをラフティングボートに乗船し2区間に分かれて、川下りを楽しみながら陸地からでは回収が困難な川岸に漂着するごみの清掃を行いました。

日頃とは違った視点で保津川の魅力を体験するとともに、幅広い年齢層の参加者にラフティング体験をしてもらい、川に親しむ機会を提供することができました。

本事業は、「保津川の日」第1回から継続している企画で、今回も小学生の子どもから70歳代の方まで幅広い年齢層により実施できた。山本浜に到着後は、亀岡市の協力によりバスにて主会場まで回送いただきました。
事前予約している事を受付で伝えます。
ラフティングに乗る前に注意事項を確認します。
いざ!出発!
陸地から見たエコラフティング
エコラフティングから見た風景
エコラフティングでは陸地から回収しにくいごみを回収します
あんなところや
こんなところ
石や岩、テトラポットの隙間は、漂着ごみスポットに。
こんなに回収できました!
ご参加ありがとうございました!

保津川調査:こども海ごみ探偵団2021

保津川遊船4艘に分乗し、保津峡「獅子ヶ口」にて下船、
清掃活動の後に回収ごみの分類調査を実施しました。

日  時  令和3年10月16日(土)午前8時30分~午後2時10分
場  所  保津峡獅子ヶ口
参 加 者  親子16組35名、マスコミ関係者9名(※応募総数41組103名)
スタッフ  12名(川と海つながり共創プロジェクト)
    

受付

保津川遊船前にて

参加者は受付でビブスを受け取ります
感染症対策は、非接触での支払い・手指消毒・忘れた方へのマスク配布。

開会式

保津川遊船乗船場(亀岡市保津町)

開会式の様子
写真撮影

保津川を船で移動します

船に乗り込みます
出発!
保津峡獅子ヶ口まで移動します
船の上からトロッコ列車に手を振る船頭さん
保津峡獅子ヶ口付近に到着
ここからは徒歩で回収拠点に移動します
回収拠点到着
回収開始!
ごみを集めるために
あちこちに散らばって
ごみを集めます
草のかげ
流木に紛れて
川には様々なごみが流れてきます
集めたごみを調査します
ペットボトルやレトルト食品の容器
お肉や魚を入れる食品トレイも。
これらを素材別に分別します
記念撮影
きれいになりました。

散策

調査終了後、保津渓あたりを散策
保津渓の橋からの眺めも最高です
休憩を済ませて再度乗船します
保津川下りの船で
船漕ぎ体験も出来ました
嵐山付近まで来ました

閉会式

楽しい時間もそろそろ終了です
皆さんご参加ありがとうございました。

リバーフレンドリーレストラン ウェブサイトOPEN!

プラごみ0へ向けて、次のステージとして、
自然環境に配慮したサービスを提供する飲食店を紹介する
リバーフレンドリーレストランサイトをオープンしました。


リバーフレンドリーレストランとは?

自然環境に配慮した12項目の条件を基準に設け、
8項目以上をクリアしている飲食店のみが対象となります。
必須の取り組みは、プラごみ0を目指す6項目。
オプションの取り組みは、環境にも人にも優しい6項目です。

1.以下の取り組みを行っています。

  • 発泡スチロール容器は使用していません
  • 常にごみの減量を意識して適切なリサイクルに取り組んでいます
  • 店舗内での商品提供には使い捨て食器等は使用していません
  • 紙袋やカトラリーは、要望があった場合にのみ提供しています
  • 紙ストローは要望があった場合にのみ提供しています
  • 無料でマイボトルに給水できます

2.以下の取り組みのうち2つ以上を行っています。

  • ペットボトル入り飲料は販売していません
  • 再利用可能な容器やエコバッグを持参したお客様に
    割引や優待を行っています
  • 常時ベジタリアン/ビーガンメニューを提供しています
  • 積極的に地元食材や有機農産物を利用しています
  • 節水と水質汚濁防止に適切に取り組んでいます
  • エネルギー効率化の取り組みを進めています

マップから近くの飲食店を探せます

トップページのマップに広がるショップをクリックすると、
ショップの取り組み項目とショップ詳細ボタンが現れます。

ショップ詳細ボタンをクリックすると、
オーナーのコメントやショップの概要と個別マップが表示されます。

左上の「yahoo地図で見る」をクリックするとルート検索ができます。
スマホやタブレットからアクセスするとナビがそのまま使えて便利!
お気に入りのお店探しに、ぜひお役立てくださいませ。

リバーフレンドリーレストラン参加店募集中!

リバーフレンドリーレストランに参加すると、
店頭に掲示できるリバーフレンドリーレストラン
オリジナルのサインや店内向けPOPなど
必要に応じてご利用頂けます。
お客様から見えないオペレーションの工夫や
企業努力をPRする事が出来ます。

参加には、エコ・スポンサー料として、年間3,000円(4月更新)が必要です。
エコ・スポンサー料は、次代を担う子どもたちへの環境教育プログラムや
環境保全活動、広報ツールの作成や運営に活用されます。

お問い合わせ、お申し込みはこちら